アドシルカ、ザルティア、シアリスジェネリック三者の関係?

薬剤の中には「アドシルカ」と「ザルティア」があります。

前者は「肺動脈性高血圧症」の薬で、後者は「前立腺肥大症」の薬として認識されているのですが、シアリス、シアリスジェネリックと同じ主成分タダラフィルを使用しているため、シアリスのジェネリックと混同される方がいます。

これらは成分は同じですが用量が異なり、適応症状も違います。またタダラフィルは各疾患により作用機序が違います。

PDE-5を阻害しますが各部位によって、効果が変わります。アドシルカ、ザルティアの有効成分はタダラフィルですので副作用はすべてシアリス、シアリスジェネリックと同様の副作用です。またアミオダロンなどで併用できません。。

ED治療薬シアリス、シアリスジェネリックはタダラフィルとして通常5mg、10mg、20mgで服用します。

アドシルカは肺動脈性肺高血圧症の治療薬として認識された薬であり、ED治療薬として処方されることはありません。

また、アドシルカはシアリスと異なり、タダラフィルとして通常40mgを1日1回となっています。

ザルティアは前立腺肥大治療の薬であり、また用量もタダラフィルとして通常5mgであるため一般的なED治療に使用できません。

シアリス違い、アドシルカ、ザルティアは保険診療なのでED治療目的で特にザルティア入手する方がいます。

そのため販売メーカーである日本新薬や日本泌尿器科学会からザルティアをED治療に処方しないと各医療機関に通達が行われています。

ザルティアのED治療への転用は前立腺肥大症で治療が必要な方に悪影響を与えるのでお使いとめてください。